忍者ブログ
モテモテの男、モテモテの女になりたい!現代はモテモテになるためのアイテムが豊富に溢れています。 フェロモン香水やサプリなど挙げていけば切りがありません。そんな男と女の願望を叶えるためにモテモテになるアイテムを紹介していきます。
プロフィール
HN:
ピヨ
年齢:
49
性別:
非公開
誕生日:
1968/09/10
趣味:
スポーツ・読書・映画鑑賞
自己紹介:
はじめまして^^
明るくて、さわやかさと元気なのが取り柄な
だけのピヨです。

今後ともよろしくお願いします^^
忍者ポイント
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男はみんな、セックスフレンドが欲しいと願っています。


けれど、普通のフレンドの出来ない人には、残念ながら
ックスフレンド
もできません。


モテモテの男は、女性のお茶飲み友達のような、セックス
抜きのフレンドも沢山います。


そういう女友達がいない人は、フレンドが欲しいのではあ
りません。


ただ、セックスがただで都合よくできてしまう女性が欲し
いだけなのです。


けれど、女性は嗅覚が敏感なことを忘れてはいけません。


そんなあなたの心の底は当にお見通しです。


ですから、そういう人の思考は風俗に行くのと変わりませ
ん。


そういう男性の目的は、友達でなくて、セックスだけなの
です。


セックスフレンド以外にも、ダンスフレンドやお茶のみフ
レンド、○○フレンドなどがいたりする人は、ちゃんと自
分の趣味と、友達を持つことが出来る人です。


そして、何故かそういう男は、モテモテの男なのです。


セックスフレンドという言葉を聞いて、「エーッ」と興奮
してしまう人は、フレンドではなく、セックスという言葉
に興奮しているのです。


そんな、下心見え見えでは、残念ながら、女性に思い切り
見透かされ、普通の友達にもなってはもらえません。


例えば、ある共通の思いを持った人とプロジェクトチーム
を組めますか。


そこで守らなければいけないルールや面倒くささも、同時
に引き受けることになります。


ただ、セックスをしたいだけなら面倒な手間のかからない
風俗へ行けばいいのです。


普通の友達を持たない人が、セックスフレンドだけ欲しい
というのは、風俗に行くお金をケチろうとしているだけで
す。


モテモテの男は、風俗で働いている女性とも、セックスフ
レンドになれてしましいます。セックス抜きでもフレンド
になれてしまいます。


風俗で働いている女性と友達になれない人が、セックスフ
レンドだけ欲しいといっても、それは無理です。


セックスフレンドを持てる人は、仕事の出来る人です。


プロジェクトチームが組める人です。


人間関係の面倒を引き受けて、守らなければならないルー
ルを守れる人が、セックスフレンドも出来る人なのです。


モテモテの男は、そういうことを本当に自然に出来てしま
うのです。


だからこそ、モテモテの男でもあるわけなのです。
 

PR

モテモテの男は嫌われる理由を知っています!!


女性に嫌われるオヤジの特徴は、まわりくどくしつこいこ
とです。


女性がたまたま、オヤジに電話番号を知られて、オヤジか
ら電話がかかってきたとします。


その時のオヤジの台詞は、「たまたま今近くに来ているん
だけど」と言います。


「好きだ」とも「付き合おう」とも、まだ何にも言っても
ないのに、「たまたま近くにいるんだけど・・・・・・」とか、
「たまたま寄ったんだけど」というのです。


そんな「たまたま」はまずありえません。


モテモテの男は、それがおろかなことであることを、重々
承知しています。


その気持ち悪さというのは、意思表示をしないまわりくど
さです。


モテモテの男は、意思表示をして、粘り強いのです。


気持ち悪がられるのは、意思表示をしないのに、まわりく
どいからです。


意思表示をしないまわりくどさは敬遠されます。


これを、モテたことのない男はやってしまうのです。


粘り強さというのは、ただ時間をかければいいというもの
ではありません。


まわりくどいのは、粘り強いのと一見似ているようですが
全然違います。


それなら、「わざわざ来た」というほうがまだいいです。


意思表示をすると、必ず自分のところにリスクがくるので
、そのリスクを背負えないのです。


常に逃げ道をつくった形で迫っていきます。


それは、逆に言えばリスクを相手に背負わせることになり
ます。


「たまたま近くに来たから、今からお茶でもしない?」と
も言いません。


「たまたま近くに来たから・・・・・・」というだけです。


「お茶でも飲まない?」と誘って、【明日早いから」と断
られるのが怖いのです。


だから、なかなか言えません。


でも、断られる経験をしないといけません。


モテモテの男は、断られることに対してとても強いです。


女性は断られることに強いのです。


男のほうが、断られることに対して弱いのです。


男は冗談まじりに誘います。


この冗談交じりと言うところに、もうすでに気の弱さが出
ています。


お茶に誘って女性に断られると、そこからオヤジはピッタ
リ電話をかけようとしません。


そこで急に機嫌が悪くなったりします。


精神の安定性がそこにはありません。


それがまた、逆に女性から気持ち悪がられるのです。


モテモテの男は、そうした女性の心理を面白いほどよく掴
んでいます
 


説教に反論すると、「最後まで聞け」と逆ギレする人が
います。


そういう人は、余裕がないのです。


アドバイスと言うのはコミュニケーションが基本に存在
しています。


モテモテの男はそのことを、よく心得ています。


だから、女性の心を上手に引き込んでいきます。


コミュニケーションは、相手のことも聞くわけですから、
余裕がないと出来ません。


「ああ、なるほど。そうなんだ、その気持ちもわからな
いでもないな」と聞きながらコミュニケーションできる
のが、本当のアドバイスです。


モテモテの男はそうしながら、女性を自分のペースに引
き込んでいきます。


女性は、相談をすごく大切にします。


だから、信頼できる男にしか相談をしません。


モテモテの男はそういう役を見事に演じます。


女性にとって、相談とセックスはかわりません。同等の
ものなのです。


男にとっては、セックスはセックス、相談は相談ですが、
女性にはその区別がないのです。


モテモテの男は、そのことを知っていますから、それを
自由自在に利用します。


女性が、男に相談事をするということは、心を開いて身
をゆだねることです。


「こういうことで困っているんですけど・・・」


と相談を持ちかけられて、きちんとそのことを聞いてあ
げることができたら、それはセックスをするのと同じです。


ですから、女性は誰でもかまわず相談はしません。


モテモテの男はそのことを熟知しています。


反対に男は誰にでも相談できます。


実は相談というものにあまり重きを置いていないからです。


半分相談のフリをした自慢です。


でも、女性にとっての相談はとても重要なことであり重
いことなのです。


何しろ自分の全てをさらけ出す(まさにあなたの前でヌ
ードになるのと同じ事なのですから)


それを知っているモテモテの男は、その大切なポイント
は見逃しません。


必ずそこに喰らいつきます。


女性は相談をする前に、この男は相談を出来る人かどう
かを鋭く観察し、読み取ります。


説教をするような人には、絶対に相談なんかしません。


逆に、説教でも自慢でもなく、「これ、どう思う?」と
相談できる男には、女性が相談しても大丈夫かなと思い
ます。


説教する男は、自分が誰かに相談できないのです。


相談するのは負けだと思ってしまうのです。


勝ち負けの理論を持ち込む人は、女性から心を開いても
らえません。


あなたは、周囲の女性から、相談に乗って欲しいと言わ
れていますか?


もし、そういう経験がなければ、もう一度自分を振り返
ってみてください。


モテモテの男は、知っています。その意味の履き違いを
・・・


男は、ご馳走する(おごる)行為自体が格好いいことだ
と勘違いしています。


残念ながら、そこには大きな誤解があります。


でも、女はこの人はご馳走しているのに少しも威張らな
いし、恩着せがましくしないという部分で評価します。


ご馳走をしたから評価するだろうと下後心見え見えで思
い込んでいたら、おお甘もいいところです。


そういう男は、ご馳走をしたら、後々何回もその話を繰
り返したり、恩着せがましく言ったり、挙句の果てに威
張ったりもします。


ご馳走をして威張っている人は、たかっている人よりも
格好悪いことに気が付きません。


なぜなら、たかっている人は、威張りません。そちらの
ほうがモテモテの男になれる確立が高いのです。


そうです、実は威張ること自体が、女性に嫌われ、格好
悪いのです。


そういう人は、まず、威張ることが格好悪いということ
に気が付かなければいけません。


威張りたがる人は、自分を偉く見せるために、自分より
弱い立場の人を大勢連れて歩こうとします。


しかし、大勢連れているから、あの人はスゴイ人だとい
う見方は間違っています。


賢い女性は、誰もそんなふうに見てはいません。


実は大勢連れている人の方が、自分に自信がない人なの
です。


当然、本能的にするどい女性にはバレバレで、そういう
人は残念ながら、モテません。


そのことをモテモテの男はしっています。


なぜなら、自分には既に自信があり、そんなことをする
必要がないことを、心得ているからです。


これは、サラリーマンの世界でも同じです。


会議で大勢集めたがる人は、先ほどのタイプと同じです。


偉い人の会議ほど、大勢ではやりません。


会議で自分が格好いいと思われたいので、サラリーマン
は大勢集めたがるのです。


でも、それを女性は、残念ながら格好いいと思ってくれ
ません。


そういうことを、モテモテの男は熟知していて、そうい
うことさえも、自分の武器にしてしまします。


あなたは、どちらのタイプになりますか?


モテモテの男になりたければ、ご馳走をするときほど、
腰を低くしましょう!!


モテモテの男の人に「どうすれば、沢山の女性にモテル
ようになることができますか?」


という質問をする方がいます。


確かにモテた経験のない男の人のそういった気持ちはわ
からないでもありません。


しかし、応えは至ってシンプルなのです。


それは、以前にもお話しさせてもらいましたが、メイン
の彼女一人に愛情をたくさん注ぐことです。


モテモテの男は本能的にそういうことを心得ていて、本
音ではなくても感の鋭い女性でも誤魔化せてしまうほど、
迫真の演技が出来てしまうのです。


もちろんそういう、モテモテの男でない方々は、演技で
はなくて、その辺は真剣に愛情を注がなければいけませ
んが・・・


そういう男が結果として、一番モテモテの男になるので
す。


メインの彼女に愛情を注がないで、ほかにもっといい女
はいないかと探しているような男はモテません。


新しく出会った女から「彼女はいるの?」と聞かれた時
に、いるのに「いない」と言っているようではモテませ
ん。


飲み屋などで、そういった光景をよく見かけると思いま
すが、あれはNGです。


「いるような、いないような・・・」という返事をして
しまうようでは、その女は貴方をいい男だとは思いませ
ん。


モテモテの男は、そんなバレバレの気迷いは出しません。


「彼女がいる」と言ったら、今、目の前にいる女との新し
い出会いがなくなるのではないかとビクビクするのは間
違いです。


モテモテの男は、それも心得ています。


彼女がいるならダメ、いないからダメなのではありません。


女は、ちゃんと愛情を注ぐことができる人かどうかを見
ているのです。


ほとんどのモテない男は、そこを勘違いしています。


モテモテの男は、こう言います。


「彼女はちゃんといるよ」と堂々と言います。


「彼女がいるの?」と言われた時に、「んッ?」と、そ
こで一瞬マがあいたらダメです。


女は、その目の泳ぎをちゃんと見ています。


モテモテの男は、そこであえて落ち着きを見せて、自
分の彼女を褒めます。(ただし、自然に)


女は彼女がいない男がいたら、「なんで?」と聞かなけ
ればいけません。


恋人のいない時は、余裕がないときです。


「いないから恋人が欲しい」「相手に好きだからと言わ
れたからつきあいたい」というのはおかしいのです。


好きだからつきあいたいという気持ちは、恋人がいると
か、いないとは別の話です。


モテモテの男はそのことを、熟知しているのです。


だから、そういうオーラやフェロモンを感じさせること
ができるのです。

フリーエリア



B-ビューティーサプリグラマー+マックスアップ2袋+プルオイ5包おまけつき【アットスタイルフォーシーズンズ】



img5402438cicq7eg.jpg

艶くらぶ

muumuu mart

これこれ倶楽部

無題.bmp

美容・ダイエット商品の【オンラインショップ104】

美容・健康・雑貨商品等激安販売 venus(ヴィーナス)

フリーエリア
忍者ブログ [PR]